哀川翔がカブトムシでギネス!?飼育方法やセット販売も調査!

この記事は2分で読めます

aikawashou3-300x204

Sponsored Link


こんばんは!

ふくふくです。そろそろあの季節がやってくるころです。そう夏の醍醐味のひとつ、昆虫採集!!

中でも、人気があるのが、カブトムシ!!

このカブトムシに命を懸ける一人の男がいたのです。その名を哀川翔という。

芸能界屈指のカブトムシ愛を誇るこの哀川さんは、最近、ギネス申請できるぐらい大きな

カブトムシを生産中なのである。

 

その大きさは、「88ミリ」!!!

88ミリといえば、ドイツの戦車砲が88ミリで昔、アハトアハトと呼ばれていたことを思い出す。

当時の世界では、ドイツの砲弾のデカさにビビっていたぐらいだ。

 

そのカブトムシ界のアハトアハトを生産しているというのだから、実に凄いものを作っている!!

こうなってくると、どうやって飼育しているのか、気になったので調査してみた。

 

カブトムシ飼育方法は!?

あるペットショップの人の話では、野外採集でも、卵から育てる場合でも、80ミリ台後半の個体には

なかなかお目にかかれないそうだ。哀川さんは、長い時間をかけて大きい個体同士を掛け合わせたのでは

ないかと言われており、惜しみない無償の愛をカブトムシに長い時間、注いだのでしょう。

 

ちなみに、哀川さんがカブトムシ飼育に使用しているのは、茨城県かすみがうら市にある「株式会社ミタニ」の

養殖場の一画である。ここを、自分専用の飼育所として借り、なんと、毎年5000匹ものカブトムシを羽化させているのである。

スポンサードリンク

哀川流飼育心得とセット販売!?

20150704-00000003-dal-000-view

調査していくと判明したのですが、哀川さんは、カブトムシ飼育セットも

手掛けていました。

飼育セットの内容は次のとおりです。↓

shiiku03

 

価格は、1410円となっております。

この商品を売るに際して、5つの哀川流飼育心得についても述べております。

ひとつ! 餌があるか毎日確認すること!

ふたつ! シャカシャカかけすぎないこと!

みっつ! 直射日光は大嫌いだってこと!

よっつ! たまにはカブトムシの気持ちになろうぜ!

いつつ! 最後までしっかり世話しようぜ!

 

うーん、気持ちいいぐらいすがすがしい心得ですね!!まさに、四つ目と五つ目の心得とか

まさに、哀川さんらしいです。なんか、今年は、カブトムシにはまりそうな予感がしてきたぞ!

ちょっと、哀川さんの飼育セット購入を検討してみよ!!

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 9617_2_s
  2. 2015030620180235575
  3. KPhotoNormal20091215000_l
  4. 田鍋梨々花
  5. o0720047912739573042
  6. niimi
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。