チョコレートのカカオ含有量の理想は?ポリフェノールの効用は何?

この記事は2分で読めます

5ad565d7e6c4462b813101fe0a000007_800

Sponsored Link


5ad565d7e6c4462b813101fe0a000007_800

こんばんは!ふくふくです☆

最近、テレビのコマーシャルでチョコレートのCMを見たのですが、その中でカカオの含有量が多い、ダークチョコレートを食べるといいよ~みたいなことを言ってました。

 

それで、イオンの食料品売り場に行ったのですが、なんとカカオの含有量が多いよっていうチョコレートがいっぱい並んでいたのです。チョコレートを食べ過ぎると鼻血がでるよ~と子供のころによく言われていたので、積極的に今までチョコレートを食べたりしてなかった(バレンタインは別ですよwとはいえ全然もらえませんでしたがwww)のですが、ここまで宣伝されるとめちゃめちゃ気になってきたので、早速、調査してみました!!!

 

チョコレートのカカオ含有量の理想は?

img3

チョコレートに入っているカカオの含有量ですが、商品によっては、色々なものがあります。

例えば、このチョコレート!!!

lineup_img_cacao72_pouch

edf

lineup_img_cacao95

なんか、普段自分が食べているチョコレートばかりになってしまいましたなwww

一応、これ以外にもいろんなチョコレートがあるんですよ☆

 

ここで気になるのは、カカオの含有量!!!

スポンサードリンク

カカオ72%、86%、95%とありますけど、一体、どの含有量がいいのでしょうか?

めちゃ気になります。ちなみに、他の商品でカカオ50%っていうものもありました。うーん、苦いほうが体に効きそうだが、せめて効果があって、苦すぎないちょうどいいやつを食べたいなと思うとどれを食べるべきか。。。

 

ちょっと、本とかを読んで調査してみたのですが、どうやら、カカオ成分が70%を超えるビターなチョコレートを、1日に25グラムくらい摂取するのが理想のようです!

 

なので、カカオ70%以上の製品を選んで食べるのがいいので、甘いのが好きなら70%ぎりぎりを狙い、にっがーいのが好きなら90%越えを選ぶのがよさそうですね^^

 

ポリフェノールの効用は何?

_1_pc_article

そもそも、チョコレートってなにが体に良いのでしょうか?

それは、チョコレートの原料であるカカオに含まれるカカオポリフェノールに秘密があります!

 

ポリフェノールには、強い抗酸化作用があり、老化を抑えることができます。体の老化というのは、酸化することによっておこるんですよね~

 

また、カカオ成分の多いチョコレートには血圧を下げる効果もあります!カカオポリフェノールが血管の炎症を軽減し、血圧が下がるのです。炎症っていうのは、目に見えればいいんですが、体内の炎症だと全く気付かないことが多いんですよね。

 

ちなみに、炎症っていうのは、体が何らかのダメージを受けた時に発生し、有害な刺激を取り除こうと免疫システムが起動することでおきるのです。例えば、風邪がいい例です。この炎症が発生する、つまり風邪になったときを思い浮かべてほしいのですが、全身の機能が低下するのです。

 

なので、それを抑制するポリフェノールはすごいのですな~

 

そんなこんなで、チョコレートについて、調べてみましたが、すごい効用があることがわかりました。ふくふくも、毎日、カカオ70%以上のチョコレートを食べております!!甘くておいしいし、これからバレンタインのときは、義理チョコ、本命チョコに加えて、健康チョコとして、健康になってほしい人にチョコレートを贈るっていうのが出来たらいいなとか勝手に想像してますw

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. o0640048010696458860
  2. finess_kousanjiru_09
  3. popo
  4. plant_midorimushi
  5. 180406
  6. 豆乳1-500x343
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。