ソードアートオンラインアリシゼーション(SAO3期)の1話の考察と感想!

この記事は4分で読めます

f80077a7f93b0f1cfd8085081c3e272f

Sponsored Link


f80077a7f93b0f1cfd8085081c3e272f

 

こんにちは!ふくふくです☆

ついに、ついに始まりましたね~

 

ソードアートオンライン3期のアリシゼーションの第1話が!!!

 

ソードアートオンラインの映画、オーディナルスケールを見てから、SAO3期があることがわかっていたのですが、そこから約1年以上待っていました!

 

この興奮が冷めないうちに、早速、1話を見た感想や考察をしていきます!

 

ちなみに、原作は読まずに、ネタバレなしで楽しむスタイルをふくふくはSAOに関してはとっているため、1話の内容は話してしまいますが、結末とかのネタバレはありませんので、ご安心ください。

 

ソードアートオンラインアリシゼーション(SAO3期)の1話の考察と感想!

134687

ソードアートオンライン3期の1話は、主人公のキリトとユージオという少年が大木を斧で切ろうとしているところから始まります。

このとき、キリトはなぜか、小学5、6年生ぐらいの子供です。

 

SAOを見ている人なら、フルダイブシステムの中であることがすぐにわかります。

 

大木を切っていると、アリスという村長の娘がやってきて、みんなでお弁当を食べ始めます。

食事中にはこれからの物語における伏線となる単語がいくつか出てきました。

・英雄ベルクーリ

・禁忌目録

 

ベルクーリについては、北の洞窟で白竜と出会うけど、逃げるしかできなかったという内容で、

白竜がいかに強いのかということがわかります。

 

しかし、この白竜をも倒すのが、整合騎士と呼ばれる人間。

 

キリトたち三人は、食事後にベールクーリが行ったと思われる北の洞窟に行き、その帰り道に道を間違えて、

禁忌目録第1章三節11項(人界を囲む山脈の果てを超えてはならない)で禁止されているダークテリトリーに近づいてしまい、偶然にも整合騎士を見かけます。

 

この整合騎士、竜に乗って空を飛びまわって戦っているのですが、めちゃんこ強いです。

 

ダークテリトリーにいる闇の軍勢の騎士と整合騎士が戦っているシーンが見れるのですが、その際、竜の砲撃と騎士の弓矢で瞬殺してましたね~

スポンサードリンク

このあと、あと、アリスがあやまってダークテリトリーに侵入してしまい、といっても、手の先がちょこっと侵入しただけなんですが、いきなり、変なおっさんが空間を割って出てきて、アリスをなんか認識して消えていきました。

 

そのときに、変なおっさんが言っていたのが、

「シンギュラーユニット、ディテクト、ID、トレーシング、コーディネートフィクスド、リーボート、コンプリート」

とか言ってました。

 

意味を考えると、おそらく対象のIDをデータベースかなんかから探し出して、

このIDを持つ少女が誰なのか認識したんだと考察します。

 

ダークテリトリー侵入後は、村に帰るのですが、次の日には、変なおっさんのせいなのか、整合騎士が現れて、アリスを連れ去り、そこで、キリトが現実世界で目覚めるという流れとなっています。

 

そのあと、現実世界でGGO(ガンゲイルオンライン)をプレイしているシーンが始まります。こちらも、こちらでPK(ゲームをプレイしている人を無差別にぶっ飛ばす)ことをしている謎の男たちとキリトたちが戦っているのですが、逃げられてしまいます。

 

GGOの対戦のあとは、シノに呼び出されて、キリトとアスナはバーで落ち合います。

 

そのときに、キリトがバイトをしていることが判明。そのバイトがラースという会社の新型フルダイブシステムのブレインマシンのインターフェースであるソウルトランスレーターのテストに参加し、仮想世界であるアンダーワールドという場所にフルダイブすることであった。

 

そう、先ほどの世界は、このバイトの一幕であったのだ。

 

ただし、フルダイブ中の記憶は現実世界では、なくなっている。

ここの説明は難しかったのだが、どうやらキリトによると以下の理由らしい。

 

フラクトライドとの経路を遮断しているから。

 

まず、人間の心は、脳にあるとし、脳細胞をさせる塊には、その構造を支える骨格があるとして、それをマイクロチューブルと言っている。

 

チューブルはつまり、中空の管で、その中に、光が封じ込められていると。

 

この光、つまり光子の揺らぎこそが、人間の心だそうです。その光の集まりは魂ともいえるものであり、ラースでは”フラクトライド”と呼んでいる。

 

そのフラクトライドを読み取る機械がソウルトランスレーター(STL)というわけである。

 

このソウルトランスレーターに記憶を書き込むことで、見せたいものを見せたりするようです。

これをニーモニックビジュアルデータという。

 

キリトいわく、このラースの機械によると、アミュスフィアとは全く異なり、仮想世界だと気づかないほどのリアリティーらしい。

 

そして、STLは、夢みたいなもので、最大の特徴が、実際のダイブ時間よりも数倍の時間を仮想世界で味わうことが出来るのである。

これをフラクトライドアクセラレーション(FLA)と呼んでいる。

 

ということで、フルダイブ中の記憶がなくなる理由をまとめると、フラクトライドに見せたい景色として、光の揺らぎを与えない限り、記憶には残らないのであろうと考察します。

 

また、このソードアートオンラインアリシゼーションは、名前にアリスと入っていたり、アリスという登場人物がいたりで、どうやら不思議の国のアリスや鏡の国のアリスと関係があるようです。

 

実際、作中でも、キリトがフルダイブする仮想世界のアンダーワールドは、

不思議の国のアリスの最初の名前である地下の国のアリスという名前を

使っているし、

ラースは、鏡の国のアリスに出てくる空想上の生き物と同じ名前らしい。

 

今後、何かしらアリス関連の用語が出てくると思いますが、きっと物語にとって重要な伏線なのでしょう。

 

そして、バーでの語りが終わりキリトとアスナが帰っているときに、なんとデスガンを持った男(殺人ギルドのラフコフ、最後の生き残りであるジャニーブラック)が現れ、キリトをデスガンで打ってしまうところで1話は終わります。

 

うはー、気になる」終わり方してくれちゃって、にくいね~☆

 

ということで、1話について書いていきましたが、2話以降がどんな展開になるのか、この先も追っていこうと思います!

 

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 3eb94c34
  2. 66d51222
  3. 6189sWuFeZL._SX352_BO1,204,203,200_
  4. 20150625-sekirumi_v-e1435364437270
  5. ishigaki_island_diving1
  6. i-img1024x768-1535673381yo3aho1208321
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。