梶田隆章の子供や家族は?経歴と研究内容とニュートリノの質量も調査!

この記事は2分で読めます

m_mainichi-20151007k0000m040028000c

Sponsored Link


こんばんは!

ふくふくです。昨日に引き続き今日も、日本人がノーベル賞を受賞しました!!!

その方は、梶田隆章ノーベル物理学賞の受賞となります!本当におめでたい

ですね。梶田さんは、素粒子ニュートリノに質量があることを発見し、物質や宇宙の謎に

迫る素粒子研究を発展させた功績が評価されたそうです。

素粒子とかわけわからないけど、凄く胸が熱くなるワードですよね!ふくふくは、理系男子

なので、非常にトキメイテマスw

では、早速、梶田さんのプロフィールやらに迫っていきましょう!

 

梶田隆章のプロフィールは!?

icrr_11

名前:梶田隆章(かじた たかあき)

生年月日:1959年3月9日

年齢:56歳

出身校:埼玉大学

 

さて、例のごとくノーベル賞を受賞する方の経歴を調べてみました!

1981年:埼玉大学理学部物理学科卒業

1983年:東京大学大学院理学系研究科博士前期課程修了

1986年:東京大学大学院理学系研究科博士後期課程修了

1986年:東京大学理学部助手

1988年:東京大学宇宙線研究所助手

1992年:東京大学宇宙線研究所助教授

1999年:東京大学宇宙線研究所教授

2008年:東京大学宇宙線研究所長

 

やはりというか、輝かしい経歴ですね。うんうん。

ちなみに、ニュートリノの研究でノーベル賞を受賞ということですが、やはり、

ニュートリノといえば、この方、小柴昌俊さん。どうも、梶田さんは、

小柴さんの研究室に入っていたようです。つまり、二人は師弟関係とも

言えますね。

 

梶田隆章の研究内容は!?

yjimage

梶田さんの研究はもちろん、ノーベル賞を受賞したニュートリノに関する研究。

このニュートリノの観測数が理論的予測と比較して大幅に不足していることに気づき、

それがニュートリノ振動によるものと推測したことが事の発端ですね。

ちなみに、ニュートリノ振動とは、ニュートリノが途中で別種のニュートリノに変化す

るという現象であり、ニュートリノに質量があることを裏付けるものです。

スポンサードリンク

理論を立てたら、正しいか実証する必要があり、岐阜県飛騨市神岡町の地下鉱山跡

にあるニュートリノ観測施設「スーパーカミオカンデ」で、ニュートリノの観測実験

を行い、見事、ニュートリノが質量を持つことの証拠になる振動現象を発見しております。

 

また、ニュートリノって質量いくらなのか?って思うのですが、振動することが質量を持つ

っていうその意味がまず謎ですよね。量子論って、確率的な話になるので、普段思い描いてる

物理世界の質量のイメージではついていけないんですよね~。ちょっと、調べてみたんですが、

やっぱり意味がわかりませんでしたwww

うーん、難しい。

 

梶田隆章の子供や家族は!?

001

梶田さんは、奥さんと娘さん二人の4人家族だそうです!

きっと、娘さんも、さぞかし優秀に育っているんだろうな

と、推測します。

とりあえず、梶田さんは、すごく優しそうな方なので、

ノーベル賞受賞賞金を使って、家族を喜ばせるために、

家族旅行に行ったりするかもしれませんね。

 

とにもかくにも、ほんとにノーベル賞受賞おめでとうございます!!!

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. o0480064012776616490
  2. Iitoyo
  3. 1487571393052
  4. afr1603020018-p1
  5. photo13_L
  6. hand
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。